日馬富士、引退で消えた親方の夢

画像 大相撲の横綱・日馬富士(33)=伊勢ケ浜=が29日、福岡・太宰府市内で会見して現役引退を表明した。秋巡業中に起こした同じモンゴル出身の前頭8枚目・貴ノ岩(27)=貴乃花=への暴行問題の責任を取って日本相撲協会に引退届を提出し、受理された。将来は親方として後進の指導にあたる夢を持っていたが、引退時に日本国籍を取得していないためかなわず。17年間の土俵人生が不本意な形で終わり無念さをにじませた。
日馬富士は、目を赤くしながら謝罪の言葉を口にした。「貴ノ岩関にけがを負わせたことに対し横綱としての責任を感じ、本日をもって引退をさせていただきます」。日本中を騒がせた暴行問題を謝罪すると、隣にいた師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と23秒間、フラッシュを浴びながら深々と頭を下げた。

エントリー一覧