中日 松坂の入団テスト実施を正式発表

画像  中日は21日、ソフトバンクから戦力外通告を受けて退団した松坂大輔投手(37)の入団テストを来年1月下旬にナゴヤ球場で、森繁和監督(63)をはじめ現場スタッフ及び編成部門幹部の立ち合いの下で行うと発表した。松坂は「チャンスをいただき感謝しています。テストに向けて、しっかり準備していきます」と感謝のコメント。結果が良ければ、契約の運びとなる。日米通算164勝の右腕は現役続行を希望し、移籍先を探している。


森監督は「まず見てから。自分の目で見て、投げられるか。1月に判断します」とコメント。西山球団代表は「松坂投手と直接話をして、熱い決意をヒシヒシと感じました。テストをクリアして1軍マウンドへの復帰を期待しています」と復活を待望している。

 中日は20日に名古屋市内で取締役会を開き、白井文吾オーナー(89)が松坂について「調査をしていると報告があった」と獲得を検討していることを明かした。

 松坂は右肩の不調で今季1軍登板はなし。ソフトバンクに在籍した3年間で1試合しか投げていないものの、白井オーナーは「投げている、投げていないは関係ない。現在(右肩が)どのような状態か。痛みがなく問題なければ」と獲得に前向きな姿勢を示した。

 松坂は現在、自宅のある米ボストンで肩周りの強化やキャッチボールを行っている。白井オーナーは「現場からは一度見てみたいという意見が多い。見れば判断できるということ。2、3日中にいつ、どこでやるか決まるでしょう」と来年の1月中に森監督ら首脳陣が入団テストを実施する見通しを明かしたが、この日、正式発表となった。

エントリー一覧