錦織 復帰第2戦でV、完全復活に手応え

画像 男子テニスで下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATPチャレンジャー)は3日、シングルス決勝が行われ、復帰後初優勝を飾った第1シードの錦織圭が自身の公式アプリに動画を投稿し「まだまだ課題点はありますが、いいスタートをきれたと思います」と手応えを得ていた。

続けて「応援ありがとうございました。優勝することができました。まずはチャレンジャーですが、いい試合ができ、内容も徐々に良くなってきています。これからも頑張ります」と完全復活へ向けて意気込んだ。

決勝戦、錦織は世界ランク158位のM・マクドナルド(アメリカ)にわずか1ゲームしか与えずに第1セットを先取。第2セットの第9ゲームでは2本のマッチポイントを逃したが、続く第10ゲームをサービスキープし、6-1, 6-4のストレートで2010年11月のノックスビル・チャレンジャー(アメリカ/ノックスビル、室内ハード、ATPチャレンジャー)以来 約7年ぶりの下部大会優勝を飾った。試合時間は1時間19分。

エントリー一覧