小平奈緒、金へ好発進!

画像   スピードスケートのタイムトライアルが7日、平昌五輪本番会場である江陵オーバルで行われ、金メダル獲得の期待が懸かる女子エースの小平奈緒(31)=相沢病院=は、参考記録ながら500メートルで37秒05をマークし、低地リンクでのベストタイムを“更新”した。五輪2連覇中のライバル・李相花(韓国)が持つオリンピックレコードも上回った。

  それでも小平は「すごいタイムじゃない」とまさかの一言。「まだまだ修正点はある。もちろん号砲が鳴れば全力だけど、振り返ると冷静にいろいろ考えていた」とさらに好タイムを出せる余地はあるとした。

 李相花は出場しなかったが、出場13選手中、断トツのトップタイム。12日の1500メートル、14日の1000メートル、18日の500メートルと3種目にエントリーしており、「500メートルへ上げていく意識で。3種目、帯でピークを合わせたい」と話した。

エントリー一覧