ドライバー不足解消に

まるで電車のように連結して走行する全長25メートルのトレーラーが、全国で初めて29日導入されることになりました。

2台を連結してドライバー1人で運転するこのトレーラー。岐阜県に本社を置く西濃運輸が、規制緩和を受け「運び方改革」を実現しようと試験的に実施することになりました。

運行する区間は、愛知県小牧市から静岡県藤枝市までのおよそ170キロで、週1回・毎週木曜日に走るということです。

西濃運輸では来年3月末までの本格導入を目指していて、ドライバー不足解消の足がかりにしたいとしています。

エントリー一覧