近代日本への一歩の日

今日、6月2日は横浜・長崎の開港された日だそうです。
1859年(安政6年)の今日、日米修好通商条約の締結により長く鎖国を続けた日本は、
約150年たった現在の国際社会で重要な主要国の一角となりました。
その重要な一日に想いを馳せる上で、この条約の締結に尽力し、何かと歴史ドラマなどで悪役とされる事の多い井伊直弼、、彼の高度な政治判断まわりから見れば独断専横(そのため桜田門外の変での暗殺)、、が今日の日本をつくる切っ掛けになったのは間違いないでしょう。
その判断は、結果現代の日本を見れば正解であったといえると思います。が
それが独断専横、、にならぬよう現状の把握・周りとの意思疎通に心掛けたいと再認識しました。

エントリー一覧