広島“珍PK”で得点 やり直しでキッカー入れ替え

画像  サンフレッチェ広島が、前半ロスタイムに得た“珍PK”をものにして、先制点を挙げた。

 ショートコーナーからMF青山敏弘(32)が右サイドから上げたクロスボールが、ブロックに入ったFW仲川輝人(26)の手に当たり、PKを獲得。これを青山が狙うも横浜F・マリノスGK飯倉大樹(32)がセーブ。

 失敗かと思われたが、青山がボールを蹴る前に飯倉がゴールラインの前に出たとして、佐藤主審はPKのやり直しを命じた。当然、横浜の選手らは猛抗議するも判定は覆らず。広島はキッカーを青山からFWパトリック(30)に変え、きっちりとゴール左に決めて先制点をつかんだ。

 この直後に前半は終了。横浜サポーターで埋まるスタジアムからは大ブーイングが巻き起こり、横浜の松永成立GKコーチが佐藤主審に詰め寄るなど、物々しい雰囲気の中で、試合はハーフタイムに入った。

エントリー一覧